大分県5つの魅力_4_主要都市の交通アクセス

主要都市間の交通アクセス

 大分県は「九州の東の玄関口」として、関西・関東を結ぶ空路・航路と九州全土をめぐる高速交通網の基点となっています。

大分の港

 大分県は、九州東部に位置しており、古来から海運が発達し盛んに交易がなされていました。近年はフェリーやRORO船等の大型船による海上輸送の拠点整備が進んでいます。

中津港(大分県北の流通拠点港)中津港(大分県北の流通拠点港)
佐伯港(大分県南の流通拠点港)佐伯港(大分県南の流通拠点港)

主な港湾の公共貨物バース(重要港湾5港)

港名 地区名 水深(m) バース数
大分港 西大分 ー4.5 ~ ー7.3 11
住吉 ー4.5 ~ ー10.0 16
乙津 ー5.5 ~ ー7.5 5
鶴崎 ー4.5 ~ ー5.5 14
大在 ー4.5 ~ ー14.0 17
坂ノ市 ー5.5 ~ ー7.5 5
別府港 石垣 ー4.5 ~ ー12.0 8
津久見港 青江 ー4.5 ~ ー5.5 2
徳浦 ー6.0 1
佐伯港 ー5.5 1
鶴谷 ー4.5 ~ ー5.5 9
女島 ー10.0 ~ ー14.0 3
中津港 田尻 ー5.5 ~ ー11.0 7

他に地方港湾が15港あります。

大分港大在コンテナターミナル

 中でも、大分港大在コンテナターミナルは九州最大の拠点港であり、世界のハブ港である釜山港・上海港、また基隆港・高雄港・神戸港でのトランシップにより、中国・東南アジアの各港をはじめ、世界各地の港と結ばれています。

水深14m 水深14mの大型岸壁を整備、5万トン級の大型コンテナ船の接岸が可能です。また、内海に囲まれた波静かな天然の良港です。
24時間体制 24時間、365日フルタイム稼動のコンテナターミナル。船舶の効率的な航行と、陸上輸送の効率化を実現します。
低コスト 低コストなポートチャージ。港湾施設使用料等の各種施設料を低く設定しています。
迅速確実 迅速・確実なポートサービスの提供。㈱大分国際貿易センターによって一元管理し、迅速・確実・快適なポートサービスを提供しています。

大分港大在コンテナターミナル定期航路

外貿定期コンテナ航路

航路名 船社名 寄港頻度 寄港地 積載能力 所要日数
韓国(釜山) カメリアライン 週1回(金) 釜山-細島-志布志-
大阪-水島-大分-釜山
865
TEU
釜山→大分:5日
大分→釜山:1日
韓国(釜山) 南星海運 週2回(火) 釜山-広島-大分-釜山 342
TEU
釜山→大分:2日
大分→釜山:2日
週2回(金) 釜山-大分-岩国-ひびき-釜山 342
TEU
釜山→大分:1日
大分→釜山:3日
上海 神原汽船 週1回(日) 上海-福山-水島-三島川之江
-広島-大分-上海
556
TEU
上海→大分:5日
大分→上海:2日
台湾 愛媛オーシャン・ライン 週1回(木) 高雄-基隆-那覇-志布志
-門司-松山-広島-大分
-薩摩川内-那覇-基隆-高雄
556
TEU
高雄→大分:7日
基隆→大分:6日
大分→基隆:3日
大分→高雄:4日

国際フィーダー航路

航路名 船社名 寄港頻度 寄港地 積載能力 所要日数
大分~神戸 井本商運 週1回(日) 大分-神戸~
北米・欧州等
124
TEU
神戸→大分:1日
大分→神戸:1日
大分~神戸 OOCL 週1回(土) 大分-神戸~
北米・欧州等
124
TEU
神戸→大分:1日
大分→神戸:1日
大分~神戸 鈴与海運 週1回(土) 大分-神戸~
北米・東南アジア等
124
TEU
神戸→大分:1日
大分→神戸:1日

助成メニュー

大分港大在コンテナターミナルを利用されている荷主企業等に対して、下記のような助成メニューがあります。

①条件不利地域の集荷支援
助成内容 集荷条件が不利な地域からの荷物の集荷に対し助成します。
単価 中津市、日田市、県外: 40Fコンテナ 1本10,000円/20Fコンテナ 1本8,000円
佐伯市、臼杵市、津久見市、竹田市、豊後高田市、宇佐市、豊後大野市、国東市、玖珠町、九重町:
40Fコンテナ 1本6,000円/20Fコンテナ 1本5,000円
②燻蒸倉庫利用等に対する助成
助成内容 大分港で揚げたコンテナ貨物で、検疫検査の結果、燻蒸が必要となったものに対し、
燻蒸に必要な経費を助成します。
単価 補助率1/2(上限10万円)
③大分港大在コンテナターミナル利用転換助成
助成内容 他港利用貨物を大分港利用に転換した貨物又は新たに発生した貿易貨物で
大分港を利用した貨物に対し助成します。
単価 1本当たり10,000円(上限額500万円)
④デマレージ(超過保管料)助成
助成内容 大分港利用転換により新たにデマレージが発生した貨物に対し助成します。
単価 助成率:デマレージ額の30%
ただし、デマレージが発生した日から起算して7日間分のデマレージを上限とする

〒870-8501 大分市大手町3丁目1番1号

TEL
097-506-4617

このページの先頭へ

大分県商工観光労働部企業立地推進課

〒870-8501
大分市大手町3丁目1-1 県庁本館7階

TEL
097-506-3246
FAX
097-506-1755

銀座おおいた情報館
(大分県東京事務所)

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目2番2号
ヒューリック西銀座ビル6階

TEL
03-6862-8787
FAX
03-6862-8788

大分県大阪事務所

〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目1-3-2100
(大阪駅前第3ビル21階)

TEL
06-6345-0071
FAX
06-6345-0122

大分県福岡事務所

〒810-0001
福岡市中央天神2-14-8
(福岡天神センタービル10階)

TEL
092-721-0041
FAX
092-721-0610